小野正敏/著 -- 講談社 -- 1997.7 -- 214.4  (講談社選書メチエ 108)

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
書庫2門 /214.4/O67/ 0010097092142 一般図書 書架

資料詳細

タイトル1 戦国城下町の考古学 
副タイトル1 一乗谷からのメッセ-ジ
著者1 小野正敏 /著  
出版年 1997.7
出版者 講談社
シリーズ名 講談社選書メチエ  108
一般件名 福井県‐歴史 , 遺跡・遺物‐福井県 , 城下町
ページ数 242p
大きさ 19cm
ISBN 4-06-258108-6
NDC分類(9版) 214.4
内容紹介 政治の中心「朝倉館」、庶民の生活の跡をとどめる「町並」、人の盛衰を記す石仏…。まるごと発掘された越前一乗谷からの発掘資料と歴史史料を駆使し、中世の空間を立体的に再現する労作。

著者紹介

著者紹介1-1 1947年生まれ。明治大学文学部史学科卒業。日本考古学専攻。現在、国立歴史民俗博物館助教授。