江戸遺跡研究会/編 -- 吉川弘文館 -- 2011.2 -- 213.61

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
文化芸術 /213.6/E24/ 0010010453628 一般図書 書架

資料詳細

タイトル1 江戸の大名屋敷 
著者1 江戸遺跡研究会 /編  
出版年 2011.2
出版者 吉川弘文館
一般件名 遺跡・遺物‐東京都 , 日本‐歴史‐江戸時代 , 武家屋敷 , 大名
ページ数 4,244,19p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-03445-6
NDC分類(9版) 213.61
内容紹介 参勤交代制度に伴い建築され、巨大都市江戸を支えた大名屋敷。多くの遺跡発掘の事例から、豪華絢爛な様相が明暦大火後に変遷する姿を検証。都市の成立・維持に果たした役割や大名の生活をも復元し、その全貌に迫る。

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
江戸の大名屋敷跡 後藤宏樹/著 1‐25
参勤交代と巨大都市江戸の成立 原史彦/著 26‐59
尾張藩江戸屋敷の考古学的諸相 内野正/著 60‐92
仙台藩伊達家芝屋敷の形成と変遷 石崎俊哉/著 93‐127
加賀藩本郷邸東域の開発 成瀬晃司/著 128‐158
江戸周縁の大名屋敷 小川祐司/著 159‐180
大名藩邸で使用された陶磁器と御殿の生活 堀内秀樹/著 181‐206
大名江戸屋敷の展開過程 宮崎勝美/著 207‐224
資料紹介 江戸遺跡出土の金箔瓦 金子智/著 225‐238