的場哲朗/編著 -- 丸善プラネット -- 2016.4 -- 209.71  (白鴎大学法政策研究所叢書 7)

所蔵

所蔵は 2 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
文化芸術 /209.7/Ma72/ 0010016322660 一般図書 書架
書庫2門 /209.7/Ma72/ 0010016002366 一般図書 書架

資料詳細

タイトル1 第一次世界大戦と現代 
著者1 的場哲朗 /編著  
出版年 2016.4
出版者 丸善プラネット
シリーズ名 白鴎大学法政策研究所叢書  7
一般件名 世界大戦(第一次)
ページ数 9,300p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86345-289-3
NDC分類(9版) 209.71
内容紹介 第一次世界大戦が現代に及ぼした影響を考察する。世界中を巻き込んだ騒乱の時代を、各国の社会状況と文化面から多角的に分析し、ナショナリズムがいかにして醸成されたかをダイナミックに描き出す。

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
ワイマ-ル憲法下における「学校の自治」の法的構造 結城忠/著 1‐27
第一次世界大戦期の「戦争責任」と「民族自決」 清水正義/著 29‐47
市民社会の成立とリアリズム 益田勇一/著 49‐89
第一次世界大戦と哲学 的場哲朗/著 91‐143
日本ナショナリズム史のなかの対華二十一箇条要求 三浦顕一郎/著 145‐204
100年前のフランス美術界事情 飯田昌平/著 205‐229
1920年代のアメリカ 平山真理/著 231‐249
第一次世界大戦とオ-ストラリア 川上代里子/著 251‐284

著者紹介

著者紹介1-1 早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。白鴎大学法学部教授。ドイツの現代哲学が専門。