限界研/編 -- 南雲堂 -- 2017.3 -- 910.264

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
文化芸術 /910.2/G34/ 0010017306105 一般図書 書架

資料詳細

テキスト言語 日本語
タイトル1 東日本大震災後文学論 
著者1 限界研 /編, 飯田 一史 /[ほか]編著, 海老原 豊 /[ほか]著  
出版年 2017.3
出版者 南雲堂
一般件名 日本文学-歴史-平成時代 , 東日本大震災(2011)
ページ数 636p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-523-26553-5
NDC分類(9版) 910.264
内容紹介 「震災後」は終わっていない-。故郷と肉親・友人・知人の喪失、原発問題、被災地と非・被災地の温度差、政権への批判…。東日本大震災後にうみだされた「震災後文学」を扱う評論集。震災後作品出版・公開年度一覧付き。

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
序論 飯田 一史/著 7-20
同時代としての震災後 藤田 直哉/著 23-82
希望 飯田 一史/著 83-139
喪失なき成熟 冨塚 亮平/著 141-217
揺れる世界と存在 藤井 義允/著 219-244
情報の津波をサーフィンする 海老原 豊/著 247-285
震災後文学としての『PSYCHO-PASSサイコパス』シリーズ 西貝 怜/著 287-319
対震災実用文学論 宮本 道人/著 321-354
島田荘司と社会派エンターテインメント 蔓葉 信博/著 357-389
映像メディアと「ポスト震災的」世界 渡邉 大輔/著 391-415
<生>よりも悪い運命 藤田 直哉/著 419-465
高橋源一郎論 杉田 俊介/著 467-570